TATSUYA UCHIDA

Beauty&Book blog

2019/06/17

JAPAN CUP 2019の情景どんなにすごい賞や順位よりも大切なこと

2019年6月11日 横浜文化会館 まちに待ったコンテスト当日 「JAPAN CUP 2019」今年で41回目の開催という国内最大級、そして歴史がある大会 美容師で知らない人はいないのでは?と思うくら ...

2018年本屋大賞ノミネート作品

かがみの孤城 感想

更新日:

どもっ!!

勝どきにある美容室visagecrew店長のウチダです♪

 

今日は先ほど読み終えたばかりの2018年本屋大賞ノミネート作品

 

辻村深月さん「かがみの孤城」の感想を書きたいと思います。

 

結論からいうと、、、、

 

 

と~っても面白い!!本当にオススメ(^-^)ということ!!

・小説を読むのが好きな方、全員w

・女性の方(10代~40代)

・小学生~高校生まで

・子供のいるママ

 

 

逆に普段ビジネス書や自己啓発本を読んでいる男性には好まれないのかなと。。。

 

なので

 

実際私は、時間を忘れて一気読みしてしまいました♪昨日の夜10時から読み始めて、読み終わったのは翌朝の9時、、、、、

 

 

全554ページ11時間で一気に読んでしまうほどの面白さがこの物語にはあります!

 

 

とにかく、文章が読みやすいからすらすらとページを操る手がとまりません、単純に難しい英単語も使われてないですし

 

 

漢字も、たぶん全部小学生でも読めるんじゃないかな?ひらがなも多いし!あと登場人物の名前がひらがなだったり

 

 

カタカナだったりするのもきっと読みやすい要因なのかな!?

 

そして辻村さんはそれを完全に意識的に使っていて。

 

 

さらにはそこに伏せんや意味が含まれてる、ただただすごい作家さんだなぁ~と改めて感動致しました!!

 

 

 

しばらくは読後にある物語の余韻に浸っていたい、、、、そう思える作品。

 

 

以前にも書きましたが、辻村さんは本当繊細の「心の声」を表現するのがお上手でござます!

 

 

もしかしたらその「心の声」を文字にする最新式の特別な機械でも持っているのかもしれないw

 

 

そう、思えるくらいきっと誰もが共感できる、今回であれば学生時代の「心の声」を見事に表現されております。

 

 

 

もうね。最後は感動の嵐ですよ!!今までの伏せんを見事に回収して参ります。最後の最後「エピローグ」まで感動は終わらない所も本当に最高でした(^-^)

 

 

 

きっとこの喜びや感動、幸せを最後まで読んだ方はみんな共有できるだろうなぁと思えました。

 

 

 

それこそ、恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」以来の幸せと喜び、感動がこの作品にありました。

↑こちらもとってもオススメです(^-^)

 

この554ページを一気読みさせる物語の力、文章の力は本当にすごいですよ!!是非、まだ読んでない方は手にとって読んでみて下さい。

 

 

 

これから他の2018年本屋大賞ノミネート作品も読んで参りますが、、、きっとこれが一番かなぁと(個人的にはですよ)

 

 

だって老若男女みんなに共感できる内容だし、なんならアニメ化とか実写映画化とかもう決まってそうw

 

 

それくらい良かったなぁ♪

 

 

 

ただねぇ~その朝まで読書した事により、睡眠サイクルは完全に崩れましたねw今日夜まで起きていられる自信がないw

 

 

 

でもまぁ今日はお休みなので気持ちはとっても楽ですよ( ゚ 3゚)朝まで一気読みしたいと思える価値のある作品に出会えて良かった♪

 

では今日も最後まで読んで頂きありがとうございました(^-^)

 

 

また明日✋

 

 

 

 

後日記述

 

結果、見事2018年本屋大賞を1位を受賞されした。

 

他のノミネート作品も9つも全部読みましたが、やっぱり1番良かったなぁと(あくまで主観ですが)

 

本当にオススメな1冊です!!

 

 

-2018年本屋大賞ノミネート作品,

Copyright© TATSUYA UCHIDA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.