TATSUYA UCHIDA

Beauty&Book blog

2020/04/10

コロナ時代の働き方

どもっ! 営業後にスタッフへカットをお願いしたところ「タツヤさんの髪は切りたくない」とバッサリ言われ いよいよ退社を考えなくてはここでは生きていけないぞと思っている。 スタッフとのコミュニュケーション ...

美容

人が集まる「つなぎ場」のつくり方 読了感想 

投稿日:

どもっ。私です!!

 

今日はナカムラクニオさんの人が集まる「つなぎ場」のつくり方

 

を読んだ感想を美容師なりに解釈して書いていこうと思います♪

 

 

一期一会の空間であり、生涯付き合える美容師さんがいるサロン。

 

家でもなく、会社でもない、「第3の場所」

 

家が「。」だとしたら、カフェは「、」手軽に立ち寄れる「、」になれるサロン。

 

カフェは、日常の一時停止ボタンです。

 

一度立ち止まって仕切り直し、自分を見つめ直す。そんな空間をつくる。まだ美容室にカフェほどの手軽に入れる感はないのかなぁ、、、

 

美容室で味わえる一人の時間はとっても大切ですよね!とくにママさんは貴重な一人の時間を作って美容室に来てくれます♪

 

それ以外にも「一人は好き。独りは嫌い」という方もいますよね。

 

場を作るのは「人と人の繋がり」を作ること。そ~いう空間を作る事も出来るのでは?

 

勝どき駅から徒歩2分、路面店でスペースも十分あるし、例えば定休日を使ってみたり、営業前や営業後を使ってみたり。

 

 

今までにない新しい美容室での「たまり場」つくりができるかもしれないなぁ。

 

 

珈琲は、飲み薬。本は読み薬。

 

珈琲は創造力をかきたてるために、集中力をupさせ精神を沈静化する。お酒は悩みを取り除くために、本は想像力や言葉、心が豊かになる

 

 

これからの未来に向けて歩くという事。歩くという字は「少し」、「止まる」と書く。

 

時代の流れは「競争」「狂騒」から「共有」「共遊」の時代へ。

 

【カフェ化する都市】

 

リビングをカフェのようにしたい!からカフェをリビングのように。PCで仕事する人、本を読む人、眠る人、勉強する人など。Wi-Fi環境、電源環境、も変化してきている。

1.身体にやさしい飲食がある快適な場所

2.ゆるい時間に身をゆだねられる場所

3.なりたい自分になれる場所

美容室は??

 

音楽も美味しいコーヒーも、本もイスもテーブルも、Wi-Fiも電源もすべて揃ってる!!

 

美容室がカフェになったり、教室になったり、朗読会になったり、バーになったり、もっと色んな「たまり場」になれるかも♪

 

 

ナカムラさん曰く。

 

死ぬまでにやりたいことをすべてやる。やらずに後悔してはいけない。

 

今さら遅いというくらいの年齢がちょうどよい。どんな夢も紙にかけば、「計画」になる。

 

進むのは自分であって、時間じゃない。

 

場を作るのは「人と人の繋がり」を作ること。

 

 

 

 

なかなか深い~お話満載の1冊でした。美容師でなくても、これから新しい事を始めたい方にはオススメの1冊です!!

 

読んでいてワクワクする本!新しい「何か」が見つかるかもしれません♪

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

ではまた明日✋

 

 

-, 美容

Copyright© TATSUYA UCHIDA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.