TATSUYA UCHIDA

Beauty&Book blog

2019/06/17

JAPAN CUP 2019の情景どんなにすごい賞や順位よりも大切なこと

2019年6月11日 横浜文化会館 まちに待ったコンテスト当日 「JAPAN CUP 2019」今年で41回目の開催という国内最大級、そして歴史がある大会 美容師で知らない人はいないのでは?と思うくら ...

未分類

思考の整理術

投稿日:

書くことって大事

最近ホワイトボードを使うことが増えてきた

スマホでメモを取ったり、スクショして見たり

ブログに書いたり、Twitterにアップしたり、直接お話ししたり、ノートに取ったりと

色々なアウトプットがあるけれど、私が一番しっくりくるのが「ホワイトボード」に書くです

すぐ消せるし、大きく見れるし、なんだか自分の字なので一番落ち着くと言うかしっくりくる

しどろもどろでもいいからホワイトボードに書くと新しい「気づき」がそこにはあります

今回もここ1ヶ月くらいでメモしたことをいたずらに書いて見たのだけれども

 

 

15番の「自分のことを語らない自分の愛するもののことを語る」は電通の高崎卓馬さんが言っていたブランディングについての誰かの名言らしい

なんだかんだ恋愛にも仕事にも繋がることのような心意なのかな

 

美容師でいうと接客中に自分のことばかり話していてはいけないぞ、という事になる

はて、ここでは自分が「聞き役」になるという選択肢はどうやらなく「何かしらを語る」というルールなので

愛するもののことを語ろうと思うのだけれど、、、

 

愛するものって表現がいささか重たくないですかねw?企業で言えば「大義」の方がしっくりくるのかな

 

さらに職業的に考えると「美容」について語るのと理念や哲学、お客様に対してどういうポジティブな変化を与えられるか、、、、、、

 

だいぶ話が逸れてきたぞwそもそも置き換えてはいけないだろ。

 

ではあなた個人の「愛するもの」ってなんやねんな?となる(謎の関西弁w)

 

正直「バシッと!!」言えない自分がいる。もちろん家族とかCREWという空間に対しての愛はあるのだけれど

 

お客様やスタッフに対しては愛というよりは「感謝」の方が表現としてはしっくりくる。

 

一番モヤモヤするのは用意されて出した答えのようで私らしくないと、私は思う。じゃあ私らしい「愛するもの」ってなんなの?と謎の思考が無限ループしてしまう

 

計らずも33歳独身である私には仕事に対しても恋愛に対しても「愛するもの」を見つけるということが一つの課題というか宿題なのかな?

 

かつて夏休みの宿題をギリギリまでやらずにいた少年は33歳になってもこの大きな「宿題」に直面していてどうやら終わりそうにないw

 

長い長いトンネルの中、真っ暗ではないけれど外の明かりが見える気配は1ミリもないようだw

そもそもこの「愛するもの」っていうのは自ら探すものなのだろうか?あちらからやって来るという可能性は?そもそも100%愛せるもの(事)にみんな出会えるっけ?

 

70%くらいの愛でも「まぁいいや」と思えることも素敵やん(謎の関西弁2)

 

そんなことを休みの日の月曜日の夜に考えている私はかなりやばいwしかもわりにしっかりと考えている、結果「わからない」で終わろうとしているし強いて言えば自分なんかヤバいぞということを再認識するだけであった

 

何はともあれこの私にとって壮大な宿題である「愛するもの」を意識して明日から頑張ります!!

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました、ではまた

 

-未分類

Copyright© TATSUYA UCHIDA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.