TATSUYA UCHIDA

Beauty&Book blog

2019/06/17

JAPAN CUP 2019の情景どんなにすごい賞や順位よりも大切なこと

2019年6月11日 横浜文化会館 まちに待ったコンテスト当日 「JAPAN CUP 2019」今年で41回目の開催という国内最大級、そして歴史がある大会 美容師で知らない人はいないのでは?と思うくら ...

日常

Hope the best.prepare for the worst.

投稿日:

あなたのTALISMANタリスマンはなんですか❓

 

どもっ!!

 

今日はダラダラと退屈な文章を書いてまいりますW

そんな気分なんですからしょうがないですよね。

みなさんにはTALISMANタリスマンってありますか❓

 

タリスマンとは、お守り、魔除け、護符、不思議な力のあるもの

 

さぁ思い当たるものはありますか?

 

「これだっ!!」と自信を持って言えるものはなくても

 

いつもバックの中に入っているものや、身につけているものの中にそれはあるのかも。。。。

 

ないかw

 

私にはありません、お守りは家にあるけど常に持ち歩いてるわけではないしな、でも。

 

Hope the best.prepare for the worst. (最良を望みつつ、最悪に備えるんだ)

 

クールですよね、まぁ「備えあれば憂いなし」って事なんですけどね。

日本語のことわざにするとあまりカッコよくないんですよねw

 

なにはともあれ、しんどくなったりした時に「生きていてもちっとも楽しくない」という状態にはなりたくないものです。

 

そもそもしんどくなる状況、状態をなるべく作らないようにしなくてはいけない。そして僕にはできると思う。

 

ただ、自分に正直に生きるとはどういう事でしょうか?

 

私の大好きな村上先生はこう答えております

 

人はみんな、それぞれに役柄を与えられて生きています。その役柄をことと、自らに正直であることは必ずしも一致しません。

というか、一致しないことの方が多いかもしれません。人は多かれ少なかれ、その不一致をうまくすり合わせながら生きています。でも時々、そのすり合わせに疲れてしまいます。それはよくわかります。

じゃあ、自分に他にどんな役柄の選択肢があるのか?普通の場合、あまりないですよね、多分。だとしたら、与えられた役柄を不足なくこなしている自分をできるだけ客観的にテクニカルに評価し、愛するようにつとめるしかないんじゃないでしょうか。それを一つの個人的達成として捉えるというか。自らに正直な自分だけを愛していると、人生はいささか薄く、一面的になっていくんじゃないかという気がしなくもない。僕に言えるのはそれくらいです。いや、私はそんなすり合わせに終始する生き方はいやだ、もっと自分に正直に生きたいと言われたら、僕にもなんとも言いようはありません。それは全くの正論ですから。

 

村上さんのところより

 

んーーーーーーん

 

白くクマになりたーーーーーーいW

 

明日も頑張るぞーーーー!!!!

ではまた明日✋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-日常

Copyright© TATSUYA UCHIDA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.