TATSUYA UCHIDA

Beauty&Book blog

2019/06/17

JAPAN CUP 2019の情景どんなにすごい賞や順位よりも大切なこと

2019年6月11日 横浜文化会館 まちに待ったコンテスト当日 「JAPAN CUP 2019」今年で41回目の開催という国内最大級、そして歴史がある大会 美容師で知らない人はいないのでは?と思うくら ...

教育

ピーターの法則を理解して、主体的にチャレンジしよう!!

投稿日:

どもっ!!私です(^o^)

今日の朝はアシスタントの技術チェック

オールレイヤーブロー(2人)とセット(1人)計3名のアシスタントが今回は試験を受けました。

 

私にとってオールレイヤーブローの試験はとても思い出深いものがあります、

なんでかって?

それは何回も何回も落ちたから     (なかなか合格できなかった)

 

当時は、なんでうまくいかないのだろうか?こんなはずじゃないのにと、悩む事もあったけど(プライドが高かった)

 

店長になった今では、新しく挑戦する事に対して「うまくいくこと」を前提に考えるのではなく

「うまくいかないことを前提に頑張る!!」というマインドに変われたのかな~と思います。

 

 

皆さんはピーターの法則って聞いたことありますか?

1969年にローレン・J・ピーターという人が唱えた人間の成長にかかわる法則

人はある分野で優秀だと認められて、次のステージに上がることが多い。

だけど、おいしい料理を作れるシェフが、レストランの経営を出来るとは限らないし、

売れてるスタイリストに店長として部下を率いるリーダーシップがあるとは限らない。

ローレンス・J・ピーターは今から約40年前に、そういうあるポジションで、輝ける業績をあげた人が、

次のステージで更に期待された時にまったく「無能化」してしまう法則を見出した。

というもの。

 

私は自ら志願して、店長職に挑戦しているので、周りからの期待も少ない(はず)だし、自分で選んだ(決めた)道なので、うまくいかないことを前提にがんばる♪

がんばれる!!

 

 

どんな些細な事でもいい、他者からの指示ではなく、自ら考え自らチャレンジする。そういう美学があると思うの。

 

社会人になると、始めのうち、やるべきタスクは黙ってても増える。

そこにやりがいを見出だして頑張る!!

だからこそ、その先にある。

自らリスクをはらない人には、楽しみもないし、成長もないと思うのよ。

 

そして、ピーターが言っている「無能の人」になる可能性も高くなる。

かもしれない、、、、

 

 

成長の副作用というか、成長のジレンマみたいなものには注意しないといけないなと。

 

私たちは主体的に「考える組織」になりたいし、自ら考えて行動する13人の集団になる!!

そんな大きな志をもって、これからのビジョンを語れる店長でありたいと、心からそう思う。

だからスタッフには安心してついてきてほしい。

 

そんなこんなで本日の営業後は、、、、、、

1時間タイマーをいれてのシャンプー練習(^O^)

9月21日から10月31日まで行われるシャンプーコンテストのための練習です!!

シャンプーコンテストとは?っていうのはまた後日まとめたいと思います。

 

 

そして、、、、

 

練習後には、、、、、

 

すぐ、ふざける~!!

楽しそうだなっw

ではまた明日👋

 

 

 

 

-教育

Copyright© TATSUYA UCHIDA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.