TATSUYA UCHIDA

Beauty&Book blog

2019/06/17

JAPAN CUP 2019の情景どんなにすごい賞や順位よりも大切なこと

2019年6月11日 横浜文化会館 まちに待ったコンテスト当日 「JAPAN CUP 2019」今年で41回目の開催という国内最大級、そして歴史がある大会 美容師で知らない人はいないのでは?と思うくら ...

教育 日常

希望に満ちた毎日を送るという事

投稿日:

どもっ。私です!!

 

今日も一日とても天気の気持ち良い日でしたね。そして、今日はまた一段と忙しい一日でした。

 

 

 

忙しいって「心」を「亡くす」って書くんですよね、まさにピンチってやつです。

 

 

 

希望の大きさは、実は、絶望の大きさに比例しているのではと、思う。

 

 

 

私は、お客様から「信されたい」と思う心のどこかに潜むエゴが見えた瞬間。希望は絶望に変わる。

 

 

 

指名のお客様で予約が埋まる、希望から。

 

お店が回らなくなる絶望へ。

 

 

 

 

お店のキャパ以上、自分のキャパ以上の予約をとってしまったり、お客様のご来店時間がズレてしまったり、、

 

 

 

 

 

 

プロセスを間違えたり、カットに時間をかけすぎてしまったり。。自分のエゴのために、人を巻き込んだ結果としての信頼関係に力はあるのだろうか?長続きするのだろうか?

 

 

お客様からしたら。

 

 

 

時間をかけずに素敵にしてほしい。

 

予約したのに待たされたくない、時間通りに帰りたい。

 

 

 

わけですよね、、その希望に答えられない予約を入れてしまうというのは美容師のエゴなのかなと私は思います。

 

 

 

 

もちろん私一個人の意見であって、「それは違うよ」っていう美容師さんもいるかもしれません。オーナー目線、幹部目線、アシスタント目線、それは自由です。

 

 

 

私は店長ですので、お店全体で考えた時の答えです。喩え話になってしまいますが。

 

 

営業中カットをしているスタイリストにある人が「何をしているの?」と質問したら、

 

Aというスタイリストは、

「カットをしています」と答え、

 

 

Bというスタイリストは、

「お客様を素敵にするために、カットをしています」と答え、

 

 

 

Cというスタイリストは、

「サロンの未来のために目の前のお客様を素敵にカットしております」と答える。

 

 

 

見た目は全部カットしているスタイリスト。はたから見たら同じ風景でしかないけれど。スタイリストの意識は、皆それぞれ違う。

 

 

 

この「何のために」働くのか、ということがボケてしまうといいお店はできない。と私は思うの。

 

 

 

森を見て、木を見て、葉っぱを見て、そのうち葉っぱのホコリまで木にするように、人はなるけど。

 

 

 

 

一番大切な事はこの「何のために」の意識を統一させる事だと。今日は自戒を込めて、感じたので。

 

 

 

 

明日も、絶対に忙しい、すでに予約表は、、、それでも「何のために」をぶれずに皆で考えて働きたいと思う。

 

 

 

 

全員一緒の思いは無理かもしれないけど、考える事、伝える事はできる。私は「未来のcrewのために目の前のお客様を素敵にする」

 

 

 

目の前のお客様の期待に答える事がcrewの未来に繋がると信じてる。

 

 

 

感謝を忘れず、明日も頑張ろう!!

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

ではまた明日✋

 

 

 

 

 

 

 

 

-教育, 日常

Copyright© TATSUYA UCHIDA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.